家族葬で気をつけなければならない点

一般葬にはない良さをたくさん兼ね備えており、現代のお葬式のスタイルとして台頭してきた家族葬ですが、当然いくつかのデメリットもあります。最近よく聞くから、手軽そうだからと即決してしまわず、長所短所両方に目を向けた上で自分の状況と照らし合わせて熟考してください。

まず、家族葬にするという連絡や説明を親族に伝えても賛同してもらえない可能性がある点です。その家の代々のしきたりや地域の風習など、お葬式には様々な要素が複雑に絡んでいます。家族と親しい人だけでお葬式を行うというスタイルを受け入れられずに、後になってから色々言われてギクシャクしてしまったという事例が現実にあります。
次に、静かに見送りたくて家族葬を選択したことによって、後から故人の逝去を知った人が自宅に弔問に訪れるという点です。来ていただいたからにはその都度お相手して生前の御礼などをすることになり、逆に慌ただしくなったり気持ちの整理に時間がかかったりする可能性もあります。一般葬なら一度にたくさんの人が集まりますので、お葬式が終了することである程度の線引きはできますが、家族葬は訃報を知った人々が後々訪れるということも考えられます。

とは言えこれらのデメリットは、家族葬について勘違いしていたり、古くからの風習や考え方によることが原因ですので、お葬式に対する意識や社会全体の変化と共に変化していく可能性があります。家族葬についての正しい情報をもっと多くの人が認知して受容するようになれば、今後さらに希望者が増えていくことでしょう。