家族葬にかかる費用

家族葬ならお葬式としての規模が小さいので費用もさほどかからないのでは、と単純に考えてしまいがちです。しかし葬儀費用については、自由葬を除いてそれぞれの宗教の形式に従う以上は一定の料金が必要になります。その代わりに、小規模な分、会場も小さくて構いませんので施設利用費を抑えられたり、一般葬などで参列者にふるまっている飲食代を削減したりするのは可能です。

ただし家族葬を選択するということは、参列者が少ないため集まる香典の金額も少ないということになります。一般葬では故人と交流のあった方々が親しさの度合いに関係なく参列しますので、香典もたくさんいただけます。香典返しの用意や飲食費はある程度かかるものの、お葬式にかかる全ての費用と遺族が支払うお金で比較してみると、香典が無い家族葬の方が結果的にたくさん支払うケースもあります。自由葬の場合は宗教儀礼を省略できますので、その分の費用は必要なくなり負担は軽減されます。

しかし最も大切なのは、なぜ家族葬を選択するのかという点です。親しい間柄の人だけでお見送りしたいという故人や遺族の思いを尊重して選んだのであれば、費用の問題は二の次となります。少しでも葬儀費用を安く済ませたいという理由なら、お葬式を全く行わずに火葬と埋骨だけで済ませられます。もちろんお金の問題についてはそれぞれに事情がありますが、家族葬ならお金をかけずに簡単に終わらせられるだろうという安易な考えで選ぶべきではないということを念頭に置いてください。