家族葬にすると生前に決めたら考えておきたいこと

自分や家族が亡くなったときには家族葬にしたいと漠然と考えているなら、生前からある程度の心積もりと最低限の準備をしておくことをおすすめします。なぜなら、家族葬はだいぶ世間に認知されてきているものの、実際にはまだまだ一般的ではないからです。特に年配者は一般葬を行うのが常識であると考えている人が多く、身内から反対される可能性があるので、元気なうちに家族で相談しておくのが望ましいです。

家族葬に決定したら参列人数を極力少なくすることになりますので、互いに悔いの残らぬよう誰に声をかけるかを前もって考えておくのがベターです。自分が亡くなったらどの人に連絡を取ってもらいたいのか、あらかじめ家族に連絡方法と共に伝えておくとスムーズです。
また最近の葬儀場のお葬式では、趣味のものを飾ったりお気に入りの音楽をかけたりと故人の個性を出すようになってきていますが、小規模な家族葬なら一般葬よりも気兼ねなくこだわりを取り入れやすいので、自分のお葬式を自分でプロデュースするという方法もあります。自由葬ならさらに故人や遺族の思いを反映させやすく、故人への感謝や尊敬の念があふれるお葬式を演出できます。

心静かに偲びながら送り出してあげたい場合も、故人らしさを前面に押し出したい場合も、小規模なお葬式は対応しやすいのがメリットです。まだ気が早いと笑われるくらい早くから自分や家族のお別れの場面をイメージしておくのは、先立つ側にとっても残される側にとっても有意義です。縁起でもないと目を背けず、いざというときに備えてできる準備をしておいても損はありません。